夏の食中毒に要注意!飲みかけのペットボトルは超危険!

妊娠出産

こんにちは、あんころママです。

「車の中に置いてた飲みかけのペットボトルのお茶を飲んだらおなかが痛くなった…」

そんなお話しを聞いたことありませんか?

飲みかけのペットボトルの飲み物は実は雑菌だらけでとても不衛生なんですよ。

夏は細菌が増殖しやすい季節

最近が増殖しやすい温度は30℃前後!

近年日本を含め世界中で温暖化が問題になっています。

その結果気温30℃の日が続くことが増えましたね。

細菌は高温多湿の環境を好みます。

日本のように梅雨の時期や湿度の多い夏の時期は、細菌にとっては増殖に適した環境なので。これからの梅雨や夏場はとくに食中毒のリスクが高くなってしまいます。

飲みかけのペットボトルは雑菌だらけ!

一度口を付けたペットボトルは細菌が繁殖し、時間が経つにつれてその数は増えるのでどんどん不衛生になります。

ひとの口の中にはたくさんの最近がいます。ペットボトルに口を付けて飲むことで、飲み口からペットボトル内に細菌が入り込み、飲み物の水分や栄養を利用して繁殖します。

そして細菌が増殖した飲み物を飲むことで、腹痛や下痢、嘔吐などの食中毒の症状が表れます。

最初のうちは細菌が増殖しても、ペットボトルの中の飲み物の見た目やにおい、味に変わりはみられませんので、多くの人が何も疑いなく飲んでしまいます。

実際にこんな実験がされています

ペットボトルに口を付けて飲むと、ペットボトルの中でどれくらい最近が増えるのかという実験がされました。

その結果、24時間経過した「麦茶」では細菌数が50倍以上に増殖したことがわかりました。

原料である麦に含まれている炭水化物が細菌の栄養になってしまったことや、無添加で保存料が使われていなかったことが細菌の増殖を助長したと考えられています

麦茶はノンカフェインで妊婦さんや子どもたちがよく飲んでいるからよりいっそう注意が必要ですね

ペットボトル飲料を安全に飲むために気を付けること

開封したら早めに飲み切る

ペットボトルの飲み物を安全に飲むときに重要なのは、早めに飲み切ること!

当たり前のことなんですが、なかなか当たり前のことができず、ついつい常温の環境に放置してしまいがちですね。

残ったら冷蔵庫に保存する

一度に飲み切れない場合は冷蔵庫に保存しましょう。

常温に比べると冷温のほうが細菌の増殖を少なく抑えることができるためです。

ただし細菌の増殖を完全に抑えることはできないので、冷蔵庫に入れても早めに飲み切るほうが安全です。

コップに移して飲む

細菌の増殖を防ぐために、ペットボトルに口をつけず、コップに移し替えて飲むことが効果的です。

ウォーターサーバーなら安全安心!

妊婦さんや小さなお子さんが食中毒になってしまったら、最悪の場合流産に至る危険もあります

口をつけたペットボトルの中では細菌がどんどん増殖してしまいますが、ウォーターサーバーならそのような心配がないのでおすすめです。

私も妊娠でつわりがつらい時期は、水道水のにおいすら辛かったのでウォーターサーバーを導入して随分助かりました。

「楽水」のウォーターサーバーは通常のウォーターサーバーと違い、水道水を浄水してミネラルウォーターにしてくれるので、大きくて重くてかさばるボトルをいちいち注文したり保管する手間が省けます。

「楽水」のウォーターサーバーは知り合いの医師がクリニックに置いていたので知りました

ウォーターサーバーのメリット

水もお湯も使える

冷たい水をいつでも飲める、コーヒーや紅茶などのホットドリンクを飲みたいときにいつでもお湯が出ます。

いつでも浄水されたお湯が使えるので、赤ちゃんの粉ミルクをすぐに作る事が可能です。

また育ちざかりのお子さんがいる家庭でも、浄水されたミネラルウォーターをすぐに飲めますし、水筒に入れていけば経済的です。

水道直結型ウォーターサーバーの「楽水」ならミネラルウォーターが飲み放題なのでコスパ最高です!

いつでも衛生的

高性能フィルターを定期交換するので、いつでも衛生的な水をつかうことができます。

そのため食中毒のリスクを下げることができます。

いかがでしたか?

これからも妊娠出産にまつわるお話しや育児に関するお役立ち情報を発信しますので、今後もよろしくおねがいします。最後まで読んで下さりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました