妊娠中のカフェインがおすすめできない理由。おすすめのデカフェも

妊娠出産

こんにちは、あんころママです。

さきほど長男に「ぼくがママのおなかにいるときどうだった?」って聞かれました。

うーん…

食べるもの飲むものの規制が多くてツラかった(遠い目

(もちろん長男には違うことを話しました)

例えば飲み物だとカフェインが飲めなくなったのがつらかったですね。妊娠前は1日に何杯もコーヒーを飲んでいたくらいでしたから。

じゃあなんで妊娠中はカフェインを我慢しなければならないのか、カフェインがもたらす妊娠中の身体への影響についてお話ししますね。

こんなひとにおすすめ

・妊娠中だけどカフェインがダメな理由を知りたい

・妊娠中におすすめの飲み物って何がある?

カフェインの作用・副作用

カフェインと聞くとコーヒーをまずイメージしませんか?

カカオや紅茶、緑茶にも多く含まれています。またエナジードリンクや眠気覚ましの作用がある医薬品にも添加されています。けっこう身近なものですね。

カフェインは適切な量を摂取すれば、眠気覚ましやリラックス効果、呼吸が楽になるといった良い作用が期待できます。

しかし過剰に摂取してしまうと不眠につながったり、胃腸や神経を過剰に刺激してしまうことでめまい、心拍上昇、興奮、不安、不眠、下痢、吐き気といった悪い副作用が現れてしまいます。

カフェインが妊娠中の身体に及ぼず影響

妊娠中にカフェインを過剰摂取すると妊婦さんにも胎児にも悪い影響が及びます。

カフェインには血管を収縮させる作用があります。妊娠中にカフェインを摂取するとおなかが貼りやすくなり、流産や早産のリスクが高まります。

またおなかの赤ちゃんはへその緒を通してママから酸素や栄養をもらって大きくなりますよね。血管が収縮してしまうと、血管を通して赤ちゃんに運ばれる酸素や栄養分の量が減ってしまうため、低体重や低酸素状態のリスクが高くなります。

またママが摂取したカフェインは胎盤を通じておなかの赤ちゃんにも運ばれますが、内臓の機能がまだ未熟な赤ちゃんはカフェインを上手に排出できません、そのため赤ちゃんの体内にカフェインがたまってしまい、発達障害や低体重の原因にもなりうると言われています。

さらにカフェインは鉄分の吸収を阻害していりまう作用があります。

妊娠中のカフェインの摂取はママの貧血の原因になってしまったり、頭痛や不眠といったからだの不調も起こりかねません。

コーヒーが大好きなあんころママですが、さすがにおなかの赤ちゃんに影響が出るのが怖かったので妊娠中はコーヒーを我慢していました。

カフェインの産後の影響

授乳中のカフェインも赤ちゃんに影響を与えます。

授乳中にカフェインを摂取すると、母乳を通して摂取したカフェインの約1%程度あかちゃんに移行するといわれています。

カフェインが含まれた母乳を赤ちゃんが飲むことで、不機嫌になりやすい、無く回数が多い、興奮して落ち着きがない、寝つきが悪くなるといった影響が出ることが分かっています。

カフェインの摂取量には気を付けたいですね。

コーヒーと紅茶をガマンすれば大丈夫なんでしょ?

カフェインが含まれている飲み物は意外と多い!

カフェインが含まれている飲み物を聞いて、みなさんはコーヒーを思い浮かべませんか?実はカフェインはコーヒー以外の飲み物にも含まれているんですよ。

ではどんな飲み物にカフェインは含まれているのでしょう?

カフェインが含まれている飲み物

・コーヒー
・紅茶
・緑茶
・ウーロン茶
・コーラ
・栄養ドリンク(滋養強壮剤)
・ココア

珈琲や紅茶はもちろんですが、ふだん私たちが日常的に飲んでいる緑茶やウーロン茶などにもカフェインが含まれています。

コーラやココアのカフェイン含有量はコーヒーに比べると少ないのですが、コーラやココアの場合砂糖が多く含まれていますので、飲みすぎると妊娠中のママの体重増加につながります。妊娠中のママの体重の増えすぎは出産トラブルの原因となりますので注意が必要です。

栄養ドリンク(滋養強壮剤)に関しては必ず成分表をチェックしましょう。

なかにはカフェインやアルコールが入っているものがありあすので、「妊娠中の肉体疲労に!」とか見出しがあっても念のため確認してくださいね。

うーんけどたまには息抜きにコーヒー飲みたい!妊娠中も産後の授乳中もコーヒーが飲めないなんてガマンできない!

ストレスなくお茶の時間を楽しもう

妊娠中や授乳中のカフェインは摂取を控えなければならないことはわかりました。

けど「たまにはコーヒーを飲みたい!紅茶飲みたい!」と思うこともあります。

どうしたらいいでしょう?

WHO(世界保健機関)のガイドラインによりますと、1日にコーヒー2~3杯程度であれば、妊娠中に摂取しても胎児に大きな影響を与える可能性は低いとされています。

1日にコーヒー2~3杯程度であれば、妊娠中でもカフェインを絶対摂取してはいけないというわけではないのですね。

ふだんから極力飲まないように気を付けて、どうしても飲みたいときだけ気分転換に楽しむというかたちが理想ですね。

最近はカフェインが入っていないカフェインレスコーヒーやデカフェ、カフェインレス緑茶も流通されていますので、そういったものを選ぶと心配無いですね。

あんころママもデカフェにはずいぶんお世話になりました。授乳を終えた今でもカフェイン過剰にならないようにデカフェを飲んだりしています。

カフェインレスの飲み物として、麦茶、ルイボスティー、タンポポ茶、ハーブティーなどもあります。



私は暑い時期の出産だったので、お茶の煮出しがしんどかったのでペットボトルで購入してました~

ただしカフェインレスでも黒豆茶やカモミールティーは注意が必要です。

黒豆茶には大豆イソフラボンが含まれており、摂取しすぎるとエストロゲン(黄体ホルモン)の量が増加しプロゲステロン(卵胞ホルモン)とのバランスが崩れてしまい、ホルモンバランスが崩れることで胎児の発育に影響を及ぼしてしまう恐れがあります。妊娠中は大豆イソフラボンの過剰摂取は避けなければなりません。

ハーブティーはノンカフェインで身体にいいイメージがありますが、例えばカモミールティーには子宮収縮作用があるため妊娠中は避けなければなりません。「妊婦さんOK」の表示があるものを選びましょう。

ルイボスティーには亜鉛、カルシウム、鉄分など妊娠中に不足しがちな成分を補ってくれるミネラルが含まれており、美容やアンチエイジングにも効果があると言われていますのでおすすめです。

タンポポ茶(タンポポコーヒー)には利尿作用、便秘解消、むくみ予防に効果があります。妊娠中期になりますとお腹が大きくなるにつれて下半身の血流が悪くなり、足がむくみやすくなりますのでむくみの解消のためにもおすすめです。また授乳中に摂取すると母乳の出をよくする作用もあります。

いかがでしたか?

これからも妊娠出産にまつわるお話しや育児に関するお役立ち情報を発信しますので、今後もよろしくおねがいします。最後まで読んで下さりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
妊娠出産
スポンサーリンク
シェアする
甘夏みかんをフォローする
みかんのおうちログ
タイトルとURLをコピーしました